フォトアルバム

あなたにとって“ペット”とは?
最近の記事

Powered by Six Apart

« 食欲とお昼寝の秋 | メイン | クリスマスに向けて☆ »

2016年10月27日 (木)

根上り皐月(さつき)盆栽

       

Img_0293


   
こんにちは。 プランツプランツ ラシック福岡天神店 野間です。
今秋は、暑くなったり寒くなったりと気温が安定せず、毎日 服装を悩んでしまいますねsweat01
既に インフルエンザが流行っている地域もあるようなので、
体調を崩されないよう お気を付けください。
秋もだいぶ深まり、ラシック店 でも、植物が秋の装いを見せてくれています。
只今、蕾をたくさん付けた皐月(さつき)が多数入荷していますbud
  
 

Img_0287


 
ツツジとよく似ているサツキですが、ツツジに比べ 葉に光沢があり、
花の大きさも少し小さく可憐です。
多くの品種がでており、花の形や色も多様ですwink
 
開花時期:5月頃
土が乾いたら、たっぷりと水を与えて下さい。
戸外や明るい窓辺を好みます。
花時期が終わりましたら、お好みの形にカットして下さい。
  
 

Img_0290


 
今回入荷した皐月は、全て “根上り” の盆栽ですshine
この不思議な樹形についてご説明いたします。
  
 

Img_0291


 
one 根上りとは
その名の通り、根が露出した樹形のことを“根上り”といいます。
 
two 根上りは、何故できる?
古い森では、寿命を終えた大木が倒れて 苔むしているのを見かけます。
その苔から、木の幼木が育っているのを見た事はありますか?
それが、“根上り”の始まりです。
やがて、その幼木は苔がため込んだ水を得ながら根を伸ばし、
根の先端が大地に届きます。
それから数十年を経て 木は大きくなり、倒木は微生物に分解されて
土になり、消えていきます。
新たに育った木の根元には、かつて倒木があったところが隙間になり、
隙間の上に木の幹、下に大地が広がります。
この姿を再現したのが、“根上り”という樹形です。
 
three 根上りの作り方
まず、根を切り詰めたり 整理せずに長く育てます。
伸びた根の上3分の1ほどを露出させて植え替えます。
露出させたところに、倒木(太めの木の枝)を挟んでおきます。
露出した根で木を支えられる程度に植え替えて下さい。
  
 
 

Img_0279


 
今年のクリスマスリース、第一弾 入荷いたしましたshine
毎年 ご好評を頂いており、今年も入荷前からお問い合わせを多数頂きましたlovely
今年はこんな感じです!!
  
 

Img_0282


 
自然素材を使ったナチュラルなリースです。
去年は紫が人気でした。
今年の紫色も、とてもシックで人気が出そうですheart
定番色の緑色も素敵です!
  
 

Img_0284


 
 
リース第一弾の入荷にはなりますが、人気のモノは やはり早く売り切れになってしまいますbearing
今回ご紹介したリースで気になるものがありましたら、
お早目のご来店をお勧めいたしますdash
それでは、皆さまのご来店 スタッフ一同心よりお待ちしております。
  
 
 
----------------------------------------------------------------------------------------
 
   鳥取地震、熊本・大分地震、東日本大震災等の自然災害により、
   被害を受けられました被災地の皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。
   皆様の安全と被災地の一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
  東急ハンズ新宿店 5Fに、プランツプランツのサテライトショップ が誕生しましたshine
   植物と暮らし始めるきっかけになれば、嬉しいですconfident
   皆さまのご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております。
  
  プランツプランツ サテライトショップ 東急ハンズ熊本店 : 営業再開(通常営業)
  
---------------------------------------------------------------------------------------------
  



 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394096/33983768

根上り皐月(さつき)盆栽を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿